帰ってきちゃった「焦れ込み競馬の館」(競馬だけとは以下略

すきなもの✈️🚃🛣🚙🐴🕊🏎🐈🐧📷⚔📜たちについてそこはかとなく書きつくる…つもりでしたがタイトル通り🐴一辺倒になりつつあります。

🐴🎫小倉大賞典・反省文

予想

昨夏の小倉記念3着ゴールドエクリプスを軸に据えてみましたが…

結果

レース結果 JRA

着順 馬番 馬名 性齢 騎手名 重量 調教師 タイム/
着差
推定
上り
人気
1 12 エピファニー 牡5 杉原 誠人 57.0 宮田 敬介 1:45.1 34.6 3
2 11 ロングラン せん6 丹内 祐次 57.0 和田 勇介 34.3 4
3 9 セルバーグ 牡5 今村 聖奈 57.0 鈴木 孝志 1/2 36.8 10
4 7 ルナシー 牡5 鮫島 克駿 57.0 橋口 慎介 ハナ 35.2 1
5 8 フェーングロッテン せん5 幸 英明 58.0 宮本 博 2 1/2 36.6 9

以下⑥クリノプレミアム(7),⑦カテドラル(6),⑧ダンディズム(5),⑨イクスプロージョン(15),⑩アドマイヤビルゴ(12),⑪アサマノイタズラ(11),⑫ゴールドエクリプス(2),⑬マイネルファンロン(13),⑭シフルマン(14),[中止]ホウオウアマゾン(8),[取消]ディープモンスター

反省文

 昨夏の小倉記念3着実績からゴールドエクリプスを軸に据えてみましたが惨敗でハズれです。相手選びはなかなか良い感じだったのですが…。

 そのゴールドエクリプス。現地で観ました昨夏の小倉記念、マリアエレーナで的中出来てたかもしれないところを3着に入られて悔しい思いをしたという、個人的に”因縁”のある馬でして。その次走、秋の京都での大原Sでの快勝が好印象だったので軸に据えて昨夏の「お返し」をいただきたかったのですが……。ゲートでぶつかったのが良くなかったようで。隣枠の馬の落馬も影響あったのではないかと。

 勝ち馬エピファニーは買い目に含めてもおらず。そのうち重賞勝ちは出来そうくらいには見ていましたが今日のところは…と思ったのと、ルメールさんだからこそだったのでは…とも思ってしまったからです。杉原騎手ごめんなさいフェアリーSキタウイングの時は大層お世話になりましたのに(・ω・`)

 ロングラン、アルナシーは期待通りの好走と見てます。フェーングロッテンもようやく惨敗続きから脱出の5着。復調してくれると良いんですが。

🐴🎫ダイヤモンドS・反省文

予想

結果

レース結果 JRA

着順 馬番 馬名 性齢 騎手名 重量 調教師 タイム/
着差
推定
上り
人気
1 9 テーオーロイヤル 牡6 菱田 裕二 58.5 岡田 稲男 3:30.2 33.7 2
2 8 サリエラ 牝5 C.ルメール 55.5 国枝 栄 クビ 33.9 1
3 5 ワープスピード 牡5 菅原 明良 56.0 高木 登 1 1/4 33.7 3
4 7 ハーツイストワール 牡8 田辺 裕信 57.0 国枝 栄 34.4 5
5 3 トロピカルライト 牝4 丸田 恭介 49.0 宗像 義忠 3/4 33.9 6

以下⑥ワンダフルタウン(7),⑦ニシノレヴナント(4),⑧メイショウユズルハ(10),⑨グランスラムアスク(9),⑩ヒュミドール(8)

反省文

 軸ワープスピードが3着には来ましたが、的中できたようでできてなくて残念。

 そのワープスピード。上位二頭とはやや着差つきましたが、最後まで脚が残っていたのは良かったのでは。血統を気にしてみると兄パクスオトマニカ(プリンシパルSを逃げ勝ち)に、姉ディヴァインラヴ(牝馬ながらに菊3着)と、そこそこ期待できそうな母系です。ドレフォン産駒のステイヤーという”異質”な馬。もうちょっと追いかけてみます。

 勝ち馬テーオーロイヤルはまあ、納得の勝利です。勝つべくして勝ったというか。天皇賞に向けて確実に一歩ずつ、という感じです。

 2着サリエラ。やっぱり地力ありますね。が、ステイヤーというわけではないと思います。
 前走グレイトフルS(館主も現地で観ていました)を勝ってOP馬となったニシノレヴナント。明らかにスプリンターだったネロの産駒なのですが、かの馬は2400m以上で4勝というやはり”異質”な産駒。重賞初挑戦でどこまで…と気になりましたが、良いところなく、残念。

🐴🎫フェブラリーS・反省文

予想

結果

レース結果 JRA

着順 馬番 馬名 性齢 騎手名 重量 調教師 タイム/
着差
推定
上り
人気
1 9 ペプチドナイル 牡6 藤岡 佑介 58.0 英智 1:35.7 37.5 11
2 7 ガイアフォース 牡5 長岡 禎仁 58.0 杉山 晴紀 1 1/4 37.2 5
3 8 セキフウ 牡5 武 豊 58.0 幸四郎 クビ 36.4 13
4 10 タガノビューティー 牡7 石橋 脩 58.0 西園 正都 ハナ 37.0 7
5 11 キングズソード 牡5 岩田 望来 58.0 寺島 良 1/2 37.0 4

以下⑥レッドルゼル(6),⑦ミックファイア(9),⑧ウィルソンテソーロ(2),⑨ドンフランキー(10),⑩アルファマム(12),⑪イグナイター(8),⑫ドゥラエレーデ(3),⑬スピーディキック(15),⑭オメガギネス(1),⑮カラテ(16),⑯シャンパンカラー(14)

反省文

がんばったねぇ、ガイアフォース('23年オールカマーにて)

 言うことなしのハズれです。まあ当たりませんよね( ̄▽ ̄)って結果だったかと。

 勝ったのは11番人気のペプチドナイル。いや無理ですってこの馬を指名するのは。重賞は3戦して最高4着、府中が得意というわけでもなく…ただマイル戦は(府中で、と限らず)初出走、自身の最短距離更新だったんですよね。それでいきなりG1を勝ち取ってしまったと。実はエルムS*1で軸に据えていたのですが…いやもちろん今日までそんなことは忘れていましたよ( ̄▽ ̄)
 「ペプチド」さんの初G1(重賞も初?)となったわけですが、ペプチド"アマゾン"って居ましたよね。ちょっと調べてみたら現役にペプチド”ハドソン”も居るようです。……河シリーズ?ペプチドシナノガワとかそのうち出てくるんでしょうか( ̄▽ ̄)

 そして2着にガイアフォース。がんばりましたねえ。とはいえ、館主は当レースへの挑戦の表明を聞いた時は、芝の時計勝負でこそいい馬なのに、合わないだろうなぁと思ってました。ごめんなさい。今後の出走レース選択肢が増えたのはとてもいいことだと思います。次はどこを目指すのだろうというのが全く分からなくなってしまいましたが。

 3着セキフウ。馬名の意味は「中国語でシフォンケーキ」…で、だから何?と見かける度に思ってしまう、気にしているようでしていない馬だったのですが、まさか圏内に来るとは。13番人気の武豊騎手という一昔前ではあり得なかった人馬の激走。先ほど引き合いに出したエルムSの勝ち馬でした。

 4、5着にタガノビューティーキングズソード。見送った馬がこの位置に来たのは良い読みだったと誇るべきなのか、薄氷の見送りだったのか。

 地方公営から参戦のイグナイター、ミックファイアは馬券関係なく良いところ見せて欲しかったです。イグナイターはもしかしたら…?!を期待させましたが府中の直線は長かったです…。ミックファイアも7着は健闘と言うべきなのか。4月の川崎記念に来るようでしたらぜひ観に行きたいものです。

 そして人気馬は総崩れ。ドゥラエレーデはムルザバエフ騎手さえ背に居れば…という神話が破れ、オメガギネスもあっさり連対記録が途切れ、良い感じでG1二連続2着だったウィルソンテソーロも沈んでしまい、揃いも揃って波乱の立役者になってしまった……というところです。

*1:当blog馬券関連の記念すべき「初回」でした

🐴🎫京都記念・ふりかえり(・ω・`)

予想

最内に居るのがベラジオオペラです('23年ダービーにて)

結果

レース結果 JRA

着順 馬番 馬名 性齢 騎手名 重量 調教師 タイム/
着差
推定
上り
人気
1 3 プラダリア 牡5 池添 謙一 58.0 池添 学 2:12.1 34.8 3
2 5 ベラジオオペラ 牡4 横山 和生 57.0 上村 洋行 3/4 34.6 1
3 1 バビット 牡7 団野 大成 57.0 浜田 多実雄 35.5 9
4 10 シュヴァリエローズ 牡6 西村 淳也 57.0 清水 久詞 クビ 35.4 8
5 6 ラヴェル 牝4 M.デムーロ 54.0 矢作 芳人 クビ 35.2 6

以下⑥ブレイヴロッカー(5),⑦プラチナトレジャー(10),⑧ルージュエヴァイユ(2),⑨マテンロウレオ(4),⑩アフリカンゴールド(7),⑪ナイママ(12),⑫ジェットモーション(11)

ふりかえり(・ω・`)

 軸ベラジオオペラから相手プラダリアで的中はできました……が、僅かに回収できず「とりがみ」となってしまいました(・ω・`)つい最近の根岸Sの時のような購入ミスではありませんでしたが、なかなか哀しいものです…。

 勝ち馬プラダリア京都大賞典の時にも触れましたがこれまでの3勝は全て2400m。2200mでも2500mでも勝てなかったのですが、4勝目、重賞3勝目はようやく2400m以外での勝利となりました。京都も合っているのでしょうねきっと。そういえば今年の宝塚記念は京都でこの距離で行われます。…ちょっと気になりますね。

 1番人気、館主も軸に据えたベラジオオペラは2着。直線一旦は前に出ていたんですが、ゴール前は勝ち馬に離される形に。横一線のダービー4着以降、上位安定していると思います。この馬も何か宝塚記念での初G1制覇なんてのがいかにも似合いそうな…まだ先の話ではありますが。

 3着バビット、驚きました。3歳時セントライト記念まで4連勝した頃の勢いはすっかりなりを潜めてしまっていて、前走はダートに出るなど何か迷走しているなぁと思っていまして、全く検討の外に置いてしまっていました。ごめんなさい。でも次走も推せるかというと……

 出てくれば応援しているアフリカンゴールドは明らかにスタートで無理にハナを主張しすぎましたね…スタートから2F目が10.6秒ですもの。ま、抑えてもよりいい結果が出たかどうかは疑問です。ブービー人気での驚異の京都記念制覇はもう2年前のことになりましたか…。

🐴🎫共同通信杯・ふりかえり( ´ ▽ ` )

予想

結果

レース結果 JRA

着順 馬番 馬名 性齢 騎手名 重量 調教師 タイム/
着差
推定
上り
人気
1 8 ジャスティンミラノ 牡3 戸崎 圭太 57.0 友道 康夫 1:48.0 32.6 4
2 9 ジャンタルマンタル 牡3 川田 将雅 57.0 高野 友和 1 1/2 32.6 1
3 7 パワーホール 牡3 田辺 裕信 57.0 昆 貢 33.5 9
4 2 ディマイザキッド 牡3 R.キング 57.0 清水 英克 1 3/4 32.5 8
5 6 エコロヴァルツ 牡3 武 豊 57.0 牧浦 充徳 アタマ 33.1 3

以下⑥ベラジオボンド(5),⑦ミスタージーティー(2),⑧フォスターボンド(7),⑨エンヤラヴフェイス(10),⑩ショーマンフリート(6)

ふりかえり( ´ ▽ ` )

 軸に据えたジャンタルマンタルからジャスティンミラノ、パワーホールで2本的中しました!( ´ ▽ ` )1月はどん底でしたが、2月になって調子が出てきましたよっ。
 また、このレースは現地府中競馬場で観戦していまして、ジャンタルマンタルのお姿をきっちり撮ってこれました。

 無敗のG1馬だったジャンタルマンタルは残念ながら初の敗戦2着。勝ち馬とも結構差を付けられました。何しろ超のつくスローペースでしたからね。3F32.6の脚は使えているんですが、勝ち馬も同じ上がり時計でしたので、直線入り口での差をそのまま詰められ無いままゴールしたという感じです。距離が伸びたことが敗戦の原因ではないと思うのですが、このままクラシックの王道を、皐月賞日本ダービーと進むのでしょうか。

 勝ち馬ジャスティンミラノ。1戦1勝からの参戦でしたが同じ東京2000mの新馬戦を勝っていたこととそのレースのレベルと内容で相手には選んでみました、というところでして。新馬戦もスローペースからの先行差し切りという今日と似たような形だったように見えます。

 3着パワーホール。馬券的にはとっても感謝です( ´ ▽ ` )。まんまとスローペースでの逃げ残りでの3着という、まあ、内容はちょっとアレですが、結果は結果です。

 朝日杯2着からの参戦だったエコロヴァルツや戦前の評価高かったベラジオボンドミスタージーティーは見せ場なく着外でした…。

🐴🎫クイーンC・ふりかえり( ´ ▽ ` )

予想

結果

レース結果 JRA

着順 馬番 馬名 性齢 騎手名 重量 調教師 タイム/
着差
推定
上り
人気
1 13 クイーンズウォーク 牝3 川田 将雅 55.0 中内田 充正 1:33.1 33.4 1
2 3 アルセナール 牝3 C.ルメール 55.0 木村 哲也 クビ 34.0 3
3 8 ルージュスエルテ 牝3 横山 和生 55.0 国枝 栄 1 1/4 33.5 4
4 1 サクセスカラー 牝3 田辺 裕信 55.0 久保田 貴士 34.6 6
5 6 モリノレッドスター 牝3 横山 武史 55.0 鈴木 伸尋 1/2 34.9 9

以下⑥サンセットビュー(12),⑦テリオスサラ(5),⑧コスモディナー(7),⑨サフィラ(2),⑩カレンナオトメ(11),⑪ルージュサリナス(10),⑫ブライトアゲイン(13),⑬ガビーズシスター(8)

ふりかえり( ´ ▽ ` )

 軸ルージュスエルテがなんとか3着確保してくれたおかげで2本的中できました( ´ ▽ ` )

 その3着ルージュスエルテ、逃げを打った前々走、前走ともに見事な勝ちっぷりだったので軸に据えてみたのですが、今回はスタートかなり悪く最後方からの競馬になってしまいました。が、直線は一頭だけ離れた外からよく伸びてきてくれました!レース後談話を聞くに今回はレース前から逃げるつもりはないようだったので想定外というわけではなかったみたいです、が、極端なレースしか出来ないのかなーという不安も^^;
 ところでかの馬の名付けとしては冠名+スエルテ(Suerte;スペイン語で「幸運」)ということですが、思い出すのは数年前に居たミスエルテ(Mi Suerte)という牝馬。当時、2戦2勝で牝馬ながらに朝日杯FSに挑戦して脚光を浴びたものでしたが…。リアルスティールとの子どもがつい最近新馬勝ちしたようです。

 勝ち馬クイーンズウォーク。初戦2着のあと未勝利勝ちのみでのここへの参戦も1番人気に推されたのは前走の未勝利戦のパフォーマンスからでしょうね。その支持を裏切らない結果を出してくれました。

 2着アルセナール新馬勝ちからの参戦でしたがゴール直前の強襲はなかなかなものでした。姉ナミュールラヴェルに続いてクラシック挑戦ということになるでしょう。

 2番人気ながら9着敗退のサフィラ。館主も同じ思いでしたが阪神JF4着は善戦だったという評価だったのでしょう、が今回はいいところがなかったです。こちらはサリオスの妹、巻き返しなるでしょうか。

🐴🎫東京新聞杯・反省文

予想

結果

レース結果 JRA

着順 馬番 馬名 性齢 騎手名 重量 調教師 タイム/
着差
推定
上り
人気
1 1 サクラトゥジュール 牡7 R.キング 57.0 堀 宣行 1:32.1 33.5 7
2 5 ウインカーネリアン 牡7 三浦 皇成 58.0 鹿戸 雄一 34.5 4
3 8 ホウオウビスケッツ 牡4 岩田 康誠 57.0 奥村 武 クビ 33.9 8
4 2 アスクコンナモンダ 牡5 横山 武史 57.0 中内田 充正 ハナ 33.2 11
5 11 マテンロウスカイ せん5 横山 典弘 57.0 松永 幹夫 3/4 33.7 6

以下⑥マスクトディーヴァ(1),⑦アヴェラーレ(5),⑧ルージュリナージュ(13),⑨ウンブライル(3),⑩トゥードジボン(10),⑪フリームファクシ(14),⑫ジャスティンカフェ(2),⑬ドルチェモア(16),⑭サウンドビバーチェ(12),⑮ダノンタッチダウン(15),⑯コナコースト(9)

反省文

 軸に据えたマスクトディーヴァがまさかの出遅れ、巻き返しも6着まででしたので、ハズれです。

 そのマスクトディーヴァの出遅れ、なんか翌日あたりに「公正競馬の観点がーー」とかなんとか文句言ってる方々をそれなりに見かけて驚いたんですが、よくある「ただの」ゲートとのタイミングが合わなかった故の出遅れにしか見えませんよねぇ…。まあ残念ですが、特に残念なのが「マイル適正」のアリやナシやが判明しなかったことでは無いかと。この後はどうするんでしょうね。勝てるかはともかくここでいい競馬をして目標のVMに向かいたかったのではないでしょうか…。

 勝ったサクラトゥジュール。なんとなく気になってはいました。鞍上も最近評価急上昇中レイチェル・キング騎手でしたし、昨年春のメイS勝ちは妙に印象に残っておりましたが……まー、だからと言って買えませんね。買ってたとしても「相手」として、でしょうから余計に悔しかったかもです。

 2着ウインカーネリアンは昨年の実績がモノを言ったのでしょう。でも次走は高松宮記念だとか……?

 3着ホウオウビスケッツ。ダービー6着馬だったことをもう一度考えるに、府中大好き、なんでしょうなぁ。

 4着アスクコンナモンダ。正直、名前だけで気にしている馬ですが( ̄▽ ̄)、なかなか惜しいとこまで来ました!もうちょっと気にし続けようと思います。